ぷひぷひ探検隊

アクセスカウンタ

zoom RSS サイクルハウス設置

<<   作成日時 : 2017/04/01 17:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 自転車通勤を始めたが、我が家には自転車置き場がない。
自転車カバーをかけているが、そこいらの部品に引っかかり扱いにくい。
しかもめんどくさい。

で、自転車置き場を設置することにした。

単管で組もうとも考えたが、今回は組み立て製品を購入した。
ビニールテントタイプのものだ。
一応、高耐候性のものを選択。5年ほどは保つらしい。

画像

自転車が楽に2台入る幅1.2mタイプです。
画像

いざ、開封。。。
画像

コンクリート面に置くので、アンカーが挿せませんので、重り用に地先境界用ブロックを購入。15cm×15cm×60cmで、約20kgの重量です。
建築用のコンクリートブロックが、7kgほどですのでかなりの重量です。
8個購入ですので、160kgです。運ぶだけでフラフラです。

部材に番号シールが貼ってあったので、図面どおりに組むと20分ほどです。
画像

元製品では、骨組み状態では、グニャグニャでしたので、園芸用の支柱を用いて、トラス構造にしました。
これで、剛性は格段に向上しました。
見た目はかなりボロいですが、格安が目的なんで、やむを得ません。
画像

自転車1台に、コンテナボックスを入れました。
ボロい骨組みは、カバーで隠れます。

骨組みの組み立ては一人で十分ですが、カバーは結構重く一人では骨が折れました。。

画像

完成です。。

強めに揺すってみましたが、がたつきはありません。

強風時には注意しようと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
サイクルハウス設置 ぷひぷひ探検隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる