ぷひぷひ探検隊

アクセスカウンタ

zoom RSS 書写山圓教寺 新緑まつり(2017)に行ってきました

<<   作成日時 : 2017/05/04 23:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

西国33ヵ所にうち、1番札所の那智山 青岸渡寺と27番札所 書写山圓教寺、第33番 谷汲山 華厳寺は、立地上訪れるのが困難なお寺かと思います。
 私は、圓教寺まで車で20分ほどの所に住んでいます。もれなく、圓教寺には、春の新緑まつり、秋の紅葉まつりには、訪れています。
 逆に、他の札所にお参りするのは困難で、行程計画を練り、かなり困難でした。
今日は、お参りというよりは、行楽でのお参りです。
 今日は、新緑まつり、映画等で有名になったお寺なんで、かなりの方が行楽目的だったかと思います。
 圓教寺は、標高300mを超すところに位置し、徒歩で登るには、結構しんどいです。
そこで、便利な交通手段として、ロープウェイが設置されており、山上駅からは、徒歩800mほどとなります。 4番札所の施福寺や11番札所の上醍醐 准胝堂(今は登山口の女人堂で納経できます)に比べれば、ハードルは低いと思います。
 今年は、新緑まつりの期間中、ロープウェイを利用すれば、先客150人に住職が元旦に書いた「誠」の文字が印刷された手ぬぐいが貰えます。
画像

 ということで、登山道を使わずロープウェイを使うことに・・・(いいわけです)
朝一番(8:30)初のロープウェイに間に合い、手ぬぐいをゲットです。
 満員でしたので、おそらく、2〜3発目のロープウェイですべての数量が出たかと思います。
 ロープウェイの山上駅から、西国33ヵ所の納経を行う、摩尼堂まで800mを歩きます。
画像

 ロープウェイの登山口には、志納金を納める料金所があり、500円を支払い入山します。足の弱い方は、バスがあり、志納金の他500円、計1000円を払えば、摩尼殿のすぐ下まで連れて行ってくれます。他の登山道では、志納金を納める料金箱が設置されています。

 ロープウェイを使う場合、ルートは、バス道と通常の参道の2本がありますが、山門がある、通常の登山道がお勧めです。
 今日は。皆さんハイスピードで登られたようで、鐘つきに行列は出来ていませんでした。
画像

帰りに鐘をつくのは、「戻りがね」と言って、良い行いではないとされています。
鐘をつきたい時は、行きについてください。
画像

 山門までの間は、そこそこの勾配の坂道です。ハイスピードで登るとくたびれるので、参道に設置されている、西国寺の御本尊の銅像にお参りしながら登るのがお勧めです。
画像

 山門です。

 山門をくぐると少し雰囲気が変わります。
画像


 新緑の中、鮮やかな朱色が鮮やかです。
画像


 下り坂を下り、いきなり目の前に現れるのが、摩尼殿です。あなりのインパクトがあります。
 ここで、納経し御朱印を授かりそのままUターンする方が多いのですが、圓教寺はかなり広大です。まだまだ見所がありますので、時間に余裕を持って参拝することをお勧めします。ロープウエィに往復900円、志収金500円ですから、もう少し楽しみましょう。できれば、3時間は余裕をもってほしいところです。
画像

画像

画像


 摩尼殿までは、大混雑ですが、ここから先に進む方は少ないので、厳かな風景の中進みます。
画像


 5〜10分参道を歩くと、またまたいきなり眼前が広がり、3つの建物が現れます。
左から、常行堂、食堂(じきどう)、大講堂、超広角レンズでないとすべて収まりません。 食堂は、博物館のようになっており、瓦や仏像が展示されています。前回訪れた時と展示内容が変わっていました。
画像


 現在放送中のサザエさんでオープニングでサザエさんが圓教寺を訪れているそうです。
画像



 通常は、食堂のみが開いており、常行堂、大講堂は扉が閉められています。

食堂以外は、撮影OKです。

常行堂。。
画像

画像


常行堂は、堂内をくるくる回る修行をするそうです。 本尊の丈六阿弥陀如来坐像の裏側には、太平洋戦争の慰霊のための仏像があります。真っ暗ですので、高感度撮影です。
画像


大講堂には、釈迦三尊像が安置されています。
画像

画像

さらに登ります。

開山堂。圓教寺を開山した性空上人を奉ったお堂です。
数年前に改修されています。
画像

画像

画像

ちなみに、チベットのお坊さんの御朱印を授かることが出来ます。
画像

悲しいかな、監視カメラ・・・・

マジックらしきもので、でかでかと落書きがされています。消えないようです。
画像

金剛堂。。
ただのほったて小屋のようですが、天井画が絶品です。今回は公開されていませんでした。
画像

瑞光院
ぐるっと回り、ロープウェイで下山です。

画像

しろまるひめ(姫路城ゆるきゃら)がデザインされています。
画像

すれ違ったロープウェイは、「かんべえくん」がデザインされています。
軍師官兵衛が放送されたときに鳴り物入りで登場しまたキャラクターですが、ひこにゃん等に比べれば人気はいまいち。。。

下山し、おやきをいただきます。310円
画像

画像

いやぁ〜、今日はからに暑かったです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
書写山圓教寺 新緑まつり(2017)に行ってきました ぷひぷひ探検隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる