ぷひぷひ探検隊

アクセスカウンタ

zoom RSS 自転車:バッシュガードとチェーンガードの取り付け

<<   作成日時 : 2017/05/03 12:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 5月3日。今日から私はゴールデンウィーク。やることがありません。
で、通勤用の自転車(MTB)にバッシュガードを取り付けることにした。
DRIVELINE 48T
かっこいいアルミ製のバッシュガードだ、元々透明プラスチックのチェーンガードが付いていたが、ちょっとダサい。
で、機能性重視というよりはデザイン性重視で付けることにした。
画像

黒や赤があるようだが、自転車がシルバー基調なんで、ここはシルバーで統一することにした。
画像

あと、OGK ATB ギアカバー MG-10 (ガンメタ)を取り付けた。
コイツはシルバーがラインナップになかったため、ガンメタを購入し、車用のホワイトシルバーでスプレー塗装した。

で、バッシュガードですが、特に取り扱い説明書は付属していない。
ネット等で調べ、いざ取り付け!!!

ちなみに、自転車の知識はほとんどない。通常点検と通常の整備ができる程度だ。

アウターのリングを外せば簡単に付けられるというサイトを参考にしていた。

が、彼の自転車は前側2段の自転車だった。
私の愛車は安物だが、前側は3段だ。

何かが違う。

アウターのリングを取り外したが、受け側のネジが、一番奥のリングに干渉して外せない。

ちなにみクランクを外す工具がないため、(外し方もわからない)完全に分解して取り付けというわけにはいかない。
最奥の3段目のリングのボルトをヒーヒー言いながら外し、3段目のリングをぶらんぶらんにした。
これで、干渉していたネジを外すことができた。
※写真がないのはまったく余裕がなかったためで、バラバラの部品を持って自転車に行かないといけないかもという精神状態だった。

で??

今回必要となるネジを2段目のリングとアウターリングの間に入れ、3段目のリングを再度固定する。
いざ、バッシュガートと取り付けようとしたが、先ほどとりつけたネジが外側に飛び出しており、クランクと干渉してハマらない。。

で、再度3段目のリングを外し、先にバッシュガードを固定。そして、3段目のリングを再度固定。。。

出来たのか?出来たのか?
画像

恐る恐るペダルを回す。。

特に何にも干渉せずに回ってくれた。

ギアをすべて変えて確認。。大丈夫だ。。

あー良かった。

ただの自己満足の部品取り付けでした。。

ちなみにチェーンガードは、かなりダサダサですが、効果はかなり高いです。
自分塗装なんで、チェーンクリーナーを使う際には毎度取り外さないといけないでしょうが、仕方ないです。

ついでに、泥よけもプラスチック感が爆発していたので、同色で塗装しました。

なかなかどうして、、アルミ感が出ています。
近づくと、DIY感が半端ないですが、数メートル離れると、アルミパーツのようです。
画像


デザイン的にあきらかにプラスチック形成品なんで、塗装なんて、ちょっと中二的ですが、まぁ、自己満足です。

問題は、耐候性です。
剥がれるとさすがにダサくなりますね。

あと、ペダルが黒なんで、シルバーに変えたいところです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
自転車:バッシュガードとチェーンガードの取り付け ぷひぷひ探検隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる